『タンポポ』(第1回)最も作りたかった映画を撮るために

youtu.be

伊丹十三がいちばん作りたかった映画

 初監督作『お葬式』(84年)で、一躍映画監督として脚光を集めた伊丹十三。それまで『北京の55日』(63年)などの海外の大作に出演する国際俳優、エッセイスト、テレビタレントとして知られてきたが、日本では80年代前半、『細雪』(83年)、『家族ゲーム』(83年)に出演して助演男優賞を受賞するなど、俳優としての評価が高まり始めた矢先の映画監督への〈転職〉だった。

 『お葬式』が大ヒットし、各映画賞を総ナメにしたことから翌年の監督第2作『タンポポ』(85年)へと繋がり、そして第3作『マルサの女』(87年)で映画監督・伊丹十三の名を不動のものに。矢継ぎ早に特異な視点から話題作を発表し、停滞する日本映画のスター監督となったものの、映画評論家からの評価は『マルサの女』をピークに、それ以降の作品は低くなる一方だった。逆に興行成績はどんどん前作を上回っていくので、伊丹は映画をヒットさせることに価値を見出してゆく。製作費全額を自費で賄う伊丹映画の製作方式は、自由な創作を保証される代わりに、ヒットしなければ次回作を作ることも危うくなる。安全パイの「女シリーズ」が連発された晩年の『スーパーの女』(96年)、『マルタイの女』(97年)は、ヒットメーカーであり続けなければならないことに自縛されていたのではないかと思わせるフシがあった。なお、『スーパーの女』は伊丹映画の興行記録を塗り替えるヒットとなったが、遺作『マルタイの女』は女シリーズとしては唯一の不発に終わっている。

 そんな伊丹が、全10本の監督作のうち、ヒットさせることを考えずに、最も自由に自分のやりたいことだけを詰めこんで作った唯一の作品が『タンポポ』だ。その理由は、『お葬式』より前に遡る。

 

幻の伊丹映画たち

 伊丹の商業映画監督デビュー作には、『お葬式』より前から数本の企画が存在していた。そのひとつが、1979年から翌年にかけてマスコミで話題となった「イエスの方舟事件」。千石イエスが主催する団体の謎の集団生活に、マスコミはカルト宗教と決めつけ、千石の逮捕状までが出された。結局は社会や家庭から居場所を奪われた者たちが寄り添って共同生活を行う場でしかなく、千石は不起訴となり、過熱していたマスコミ報道も沈静化。再び彼らは共同生活へと戻っていった。この騒動に伊丹は興味を持ち、自らの監督・主演で映画化することを企画し、脚本家・池端俊策に脚本執筆を依頼。九州に拠点を移していた千石のもとで伊丹らは長期にわたって取材を行ったが、ある時、何かのきっかけで伊丹と千石がトラブルとなり、伊丹が興味を失ったことから企画は中止となった。

 なお、取材に同行した脚本家の池端は、その後、ビートたけし主演のテレビドラマ『昭和四十六年、大久保清の犯罪』(83年)が高視聴率と高い評価を得たことから、たけし主演の実録ドラマとして、このときの取材を活かして、千石イエスを主役にした『イエスの方舟』(85年)の脚本を書いている。

 もう1本、伊丹が映画化を考えていたのが種村季弘原作の『食物漫遊記』。これは単なる食のエッセイではなく、食をめぐる何とも人を食ったようなバカバカしい挿話が次々繰り出される。当時、伊丹から構想を明かされたプロデューサー・岡田裕が語るところによると「主演は松田優作で、映画館の中で美味そうな食物の映画を見ながら彼がおせんに焼きイカを食べていると、段々身体が小さく縮んで小人になってしまう。その小人がどういうわけか大きな食用の氷のかたまりの中にまぎれ込み、ベルトコンベアーに乗っかって砕氷場にもっていかれぐしゃっとくだかれ、そして氷イチゴのカップの中にまぎれこむ、という風な話」(『シナリオ』1984年11月号)というものだった。岡田が実現は難しいだろうと告げると、次に伊丹が持ってきたのが『別れの日』という脚本で、内容はそのままに後に改題されて『お葬式』となった。

 

『食物漫遊記』から『タンポポ』へ

 『お葬式』が大ヒットしたことで次回作を作ることができるようになったが、『食物漫遊記』映画化構想を諦めきれない伊丹は、食をめぐる映画を作ることを決意する。しかし、興行への不安は大きい。それを励ましたのは、「いいじゃないの。当たらなくたって。それオモシロそうじゃない。あなたの好きなようにすればいいじゃない。当たらなかったらもう一回やり直せばいいじゃない。自由につくったら」(『伊丹十三DVDコレクション』ブックレット)と背中を押した妻の宮本信子だった。

 そして、伊丹は映画化への糸口を見つける。しりとり形式で摩訶不思議なエピソードが連なるルイス・ブニュエル監督の『自由の幻想』(74年)を観たことで、この形式でなら、『食物漫遊記』のような食にまつわる映画を撮ることが可能と思いついた。

 それから数日後、テレビで『愛川欽也の探検レストラン』(テレビ朝日系)をたまたま見ていると、荻窪の寂れたラーメン店を番組の力で人気店に作り変えるというプロジェクトが放送されていた。伊丹は、まるでこれは西部劇――寂れた町へやってきたガンマンが、問題を解決して去っていくようだと感じた。例えば『シェーン』(53年)がそうであるように。

 こうして、〈ラーメン版『シェーン』+食物版『自由の幻想〉という組み合わせによって生まれたのが『タンポポ』である。これは言い換えれば、娯楽映画+芸術映画ということになる。いくら妻が当たらなくても良いと言ってくれても、『食物漫遊記』を作家性の強い難解な芸術映画にするだけではヒットは見込めない。しかし、ラーメン・ウエスタン形式で、大衆的なラーメンと西部劇を組み合わせてメインストーリーに置くことで、抽象的な企画が一気にエンターテインメントへ化けてしまう。

 『タンポポ』の冒頭は、映画館で役所広司が食事しながらスクリーンから観客に向けて語りかけるところから始まるが、ここに前述の『食物漫遊記』映画化構想にあった〈映画館で松田優作が映画を見ながら食べる〉というくだりが継承されているのは間違いあるまい。

 

タンポポ』に見る伊丹十三の本質

 女手ひとつで切り盛りする寂れたラーメン屋を、通りかかったトラックの運転手の山崎努が立て直し、邪魔をしてくる連中を追い払う。このメインストリートの間を縫うように、13の食にまつわるエピソードがリレー形式で組み込まれることで、伊丹は本来の目的を達した。

 当時、伊丹が目をかけていた若手映画監督の黒沢清は後に「『タンポポ』は作家伊丹十三として自分の本質を出したという印象があり、かなり批判はされたものの、これで清々したという作品でしたね。これは誰にもわからないだろうけどそれでいいんだ、という余裕がまだあったんです。」(『黒沢清の映画術』黒沢清 著/新潮社)と語り、『マルサの女』『マルサの女2』(88年)のメイキングを手がけた周防正行は「もし『マルサの女』がヒットしなかったら、もう一度『お葬式』や『タンポポ』のような本当に自分が好きな世界——ヒットするとかしないとか関係のない——の映画をお撮りになったかもしれない。」(『伊丹十三の映画』新潮社)と、2人の監督は共に『タンポポ』を伊丹が最もやりたいことをやった映画と位置づけている。

 伊丹自身は『タンポポ』への愛着を抱きつつ、配給収入が6億円に終わったことに気を落とした。この数字自体は製作費からしても、大コケではない。公開後、伊丹は「損は全然しませんでしたけど、一桁(億単位)ですから、やっぱり面白くないですね。『マルサの女』は二桁でしたからね。」(『イメージフォーラム』1988年2月号)と語っている。

 晩年、『タンポポ』のような映画はもう撮らないのかと訊ねられた伊丹は、「あれは当たらなかったから」と答えたという。しかし、2016年、公開から30年を経て、4Kデジタルリマスターとして甦った『タンポポ』はアメリカで再上映され、その数は全米60館にまで広がり、改めて伊丹映画の中の特別な1本として再評価の声が高まっている。同時代の気分を敏感に反映させたマーケティング映画という見方をされることもある伊丹映画だが、“商売っ気なし”に作られた『タンポポ』は、時の腐蝕からも逃れて魅力を放っている。

 

【2回目は7月27日更新】