〈俳優・坂本龍一〉の軌跡 (第1回)

 俳優・坂本龍一の誕生

youtu.be

 坂本龍一の40年に及ぶキャリアの中でも、特筆すべき項目のひとつが、『ラストエンペラー』によって第60回アカデミー賞作曲賞を受賞したことだろう。

 エンニオ・モリコーネをはじめとする映画音楽の巨匠たちが、監督のベルナルド・ベルトルッチへ「オレにやらせろ」とアピールするなかで、坂本が音楽も手がけることが決まったのは、撮影終了から半年後。ベルトルッチは当初、坂本を〈俳優〉として起用しただけだった。

 俳優・坂本龍一の誕生は、今やクリスマスのスタンダードナンバーになったMerry Christmas Mr.Lawrenceを生んだ大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』(83年)が原点である。坂本が演じた捕虜収容所所長のヨノイと、英国軍陸軍少佐ジャック・セリアズ(デヴィッド・ボウイ)との関係を描いた秀作だが、この役は最初から坂本龍一に決まっていたわけではなく――というより、ビートたけしデヴィッド・ボウイも含めて、キャスティングが二転三転した末に決定したものだった。

 最初の配役では、ロバート・レッドフォード滝田栄緒形拳が予定されたが、レッドフォードは大島の監督作ということで興味を示したものの、脚本を読んでアート・フィルムの要素が強いため断ってきた。結果、ハリウッドスター出演の大作を予定していたはずが雲行きは怪しくなり、製作費の調達も停滞したことから製作開始が遅れ、滝田、緒形も予定が合わなくなってしまう。レッドフォードに代わってデヴィッド・ボウイの出演が決まり、日本人俳優は、勝新太郎若山富三郎菅原文太沢田研二三浦友和らが候補となって次々とオファーしたが決まらず(沢田研二勝新太郎でも見てみたかった!)、最終的に演技では未知数の坂本龍一ビートたけしという、同時代の人気ミュージシャンと漫才師という意外な組み合わせとなった。

 これは奇をてらったものではなく、大島渚は初期作のころから「一に素人、二に歌うたい、三、四がなくて五に映画スター、六、七、八、九となくて十に新劇」と公言していた。つまり、映画の主役なんてものは演技の基礎を習得した舞台俳優や演技派ではなく、演技経験の全くない素人=新人を抜擢するか、歌手が良い。それがダメなら誰もが知っているスター俳優を起用すべきだというわけだ。実際、大島の映画は素人、新人俳優、歌手が主役になることが多い。遺作となった『御法度』(99年)も、当初は木村拓哉を主役に希望していたが、最終的にはまだ芸能界に入っていなかった松田優作の遺児、松田龍平を発掘し、これがデビュー作となった。まさに〈スターか素人〉である。その意味で、デヴィッド・ボウイ坂本龍一ビートたけしという組み合わせは、結果的に大島好みの並びとなったわけだ。

 『戦メリ』(この略称は大島渚の要望で使われることになった)の音楽は、坂本への出演交渉の席で、坂本から言い出した。大島と坂本はこのときが初対面であり、当時の坂本に映画音楽の経験はなかったが、大島は即座にその申し出を了承した。そして撮影が終わり、それまで撮ってきたものを東京に持ち帰って現像した頃、ちょうどベルナルド・ベルトルッチが来日した。5時間16分の大作『1900年』(76年)が6年遅れで日本公開されることになったためのキャンペーンである。『戦メリ』のラッシュを観たベルトルッチは、ボウイが坂本を抱き寄せるカットを、映画史上最も美しいラブシーンだと称賛したという。だが、この段階では、まだベルトルッチと坂本は出会っていない。やがて、『戦メリ』のプロデューサー、ジェレミー・トーマスが『ラストエンペラー』も手がけることになり、両者の距離が近づくことになる。その一方で、『戦メリ』と『ラストエンペラー』の間に、1本の主演映画が坂本にオファーされていた。

 1983年5月28日に『戦メリ』は公開されたが、それから1月も経たない6月16日、フランシス・F・コッポラ製作総指揮、製作・山本又一朗ポール・シュレイダー脚本・監督による『MISHIMA -11月25日・快晴-』(仮題)の製作発表が行われた。三島由紀夫の自決した日を軸にその半生と代表作を組み合わせて描く国際大作である。日本人俳優を起用した日本語の映画ということで、国内の注目も高かった。最初に三島役へオファーされた高倉健が周囲からの反対で断ると、次に名前が挙がったのが他ならぬ坂本龍一である。もちろん、これは公開中の『戦メリ』がヒットしたことによる反応だろうが、インテリジェンスとナルシズムを併せ持つ存在を演じるには、既存の俳優では難しいという判断もあったのではないか。

 坂本は“ある理由”で断ったが、その後、45歳で自決した三島を演じる日本人俳優を探すのは困難を極めた。無名の新人を含めて候補は50人にも達し、山本寛斎、永島敏行、小林薫らの名も挙がった。最終的に三島役へ決まったのは、奇しくも『戦メリ』で最初に配役されていた緒形拳だった。なお、三島の遺族からのクレームなどを理由に、この作品の日本での劇場公開は見送られた。 

 

ベルナルド・ベルトルッチとの攻防

youtu.be

 坂本龍一ベルトルッチの初対面は1985年。第1回東京国際映画祭の審査委員として来日したベルトルッチと、レセプションで顔を合わせた。今度、清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の話を撮る予定だと熱心に語り始めたベルトルッチと、気がついてみれば1時間以上話し込んだ坂本だったが、このときはまだ正式にオファーがあったわけではない。ただ、プロデューサーのジェレミー・トーマスは、日本人キャストに坂本と大島渚を巻き込もうと画策していた。

 1986年に正式の出演オファーがあったとき、まだ脚本ができておらず、何を演じるかもよく確認しないまま、ベルトルッチの作品に参加できるならと、坂本は出演を正式に了承する。これには理由があった。1982年に中上健次の小説『千年の愉楽』が出版されると直ぐに坂本は映画化を思い立ち、中上に申し出ると快諾を得た。監督には面識はなかったがベルナルド・ベルトルッチしかいないと坂本は考えていた。だが、中上がこの企画を角川書店の社長・角川春樹に話すと、角川映画のプロデューサーであり、『汚れた英雄』(82年)で監督デビューしたばかりでもあった角川は、「オレが監督する」と言い出したため、坂本は映画化を諦めることになった(遥か後に若松孝二監督によって映画化された)。こうした経緯があったためにベルトルッチからのオファーに無条件で了承したわけだが、後で確認すると自分が演じるのは甘粕正彦の役だと気づき、坂本はいささか後悔したという。

 というのも、甘粕正彦憲兵大尉だった1923年、関東大震災の混乱に乗じてアナーキスト大杉栄と内縁の妻・伊藤野枝、大杉の甥でまだ6歳だった橘宗一を拉致し、虐殺した事件を起こした人物である。懲役10年の判決により下獄していたが恩赦により保釈され、満州で特務機関を設立して暗躍。愛新覚羅溥儀とは満州国建国時に関係し、その後は満洲映画協会(以下満映)理事長の席につき、終戦と共に自決した。甘粕事件と呼ばれた虐殺事件のダークなイメージと裏腹に、満映時代は一般人には柔和な印象を持たれており、単純なヒールというわけでもない。

 これまで映画では、新東宝の『大虐殺』(60年)に甘粕事件の一端が描かれており、沼田曜一が甘粕を演じている。『ラストエンペラー』に登場するのは満映時代の甘粕である。坂本が甘粕役に怯んだのは、その経歴というよりも、「またファナティックなバッド・ジャパニーズを演じてしまうのか」(『季刊リュミエール』1987-冬 第10号)という杞憂だった。『戦メリ』のヨノイ役が、その後の〈俳優・坂本龍一〉に三島由紀夫甘粕正彦の役を引き寄せるほどの狂気と妖しさに満ちていたといえば聞こえはいいが、逆に言えば、俳優としての可能性を画一的なイメージへ押し込めてしまうほど、インパクトが強かったということでもある。

 こうした波乱を予感させながらスタートした『ラストエンペラー』の撮影は、間もなく甘粕の最期をめぐって坂本とベルトルッチの間に齟齬が生まれて表面化することになった。昭和20年8月20日に甘粕が自殺したのは史実通りだが、その死ぬ方法が、実際は青酸カリによる服毒自殺だったが、ベルトルッチは脚本で切腹へ変更していた。これに驚いた坂本は、1週間にわたって説得工作を行った。史実とは違うことよりも、例え演技でも切腹するのは嫌だと坂本は主張した。「あなたのような素晴らしい監督が自分の映画の中で切腹シーンなんか入れたら、日本人だけでなく世界中のあなたのファンが嘲笑するし悲しむからやめろ。ぼく自身もやる気はないんだから、ぼくをとるか切腹をとるかどっちかにしてくれ」(前掲書)と迫った末、ベルトリッチを折伏させることに成功した。

 ベルトルッチとすれば、本作の甘粕には日本人を象徴させる意図があっただけに、切腹というイメージが浮かんだのだろうが、坂本が『MISHIMA』で三島由紀夫役を断った“ある理由”も真相はそこにあったのではないか。前掲書で坂本は三島役を断った理由について、「やはりポール・シュレイダーベルナルド・ベルトルッチとの違いでしょうね」と、暗に才能の差を示唆したが、三島がどのような形で自死を遂げたかを踏まえれば、〈切腹〉を演じることの忌避が大きかったのではないだろうか。

 結果として『ラストエンペラー』の切腹シーンは回避され、ベルトルッチと坂本のコラボレーションが極めて上手く進んだであろうことは、坂本演じる甘粕の気品あふれる振る舞いと、底に狂気を秘めた姿をフィルムに刻み込んだことからも実感できるはずだ。

  

【2回目は7月13日更新】

 

主な参考文献

『季刊リュミエール』(筑摩書房

大島渚著作集 第四巻 敵たちよ 同士たちよ』(大島渚 著/現代思潮新社)

『戦後50年映画100年』(大島渚 著/風媒社)

月刊イメージフォーラム 1983年 4月増刊 「これでもまだ君は大島渚が好きか!?』(ダゲレオ出版)

ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー

『MISHIMA』(垣井道弘 著/飛鳥新社